社外の新入社員教育サービスを利用するメリット

なぜ社外の新入社員教育サービスが必要?


企業にとって社員教育は必要不可欠であり、社員の成長が企業の成長にも繋がります。しかし、社員教育と一概に言っても教育の仕方には個人的な主観があり、間違った教育を教育者側が気がつかないまましてしまう場合もあるかもしれません。コンプライアンスの遵守が企業の命題として避けられない中、人事関係の法律をしっかり熟知した上で教育するのと、法律の知識が無いまま感覚で教育するのとでは、教育の方向性が全く異なってしまうかもしれません。企業で社員教育に定評があり、また、企業の方向性を熟知している方と人事関連の法律をしっかり熟知している方とのタッグを組んだ上でしっかり教育をしていけば、間違った言動や教育をする可能性も低く、教育を受けた側からしても、しっかりと教育を受けた印象を持てるのではないでしょうか。

社会保険労務士は人事関連の法律のエキスパート


それでは、人事関連の法律に熟知した方とはどんな方なのでしょうか。それは難関国家資格である社会保険労務士です。この資格は合格率が10%未満の超難関国家資格で人事関連の法律をマスターした資格です。この資格を保有している社会保険労務士と企業の教育担当者がタッグを組み、正しい方向性で教育していくことが、社外の社員教育サービスを利用するメリットではないでしょうか。人を育てる上で、人事関連の法律をマスターしておけば、間違った教育をする可能性も少ないですし、時代に合わせた教育も出来ると思います。教育をする方と、受ける方では世代間のギャップは必ずつきものです。しかし時代逃れについて行かなくては企業としては取り残されます。社外の教育サービスを利用することで多くの多様性、変化に対応出来る人材を教育出来るのではないでしょうか。