新入社員教育を和やかに行う?それとも厳しく行う?それぞれの効果

新人教育は和やかに行った場合の効果とは!?


和やかに行った場合の効果としてはまず、新人が人事など教育してくれた人に対して親近感を抱きやすくなることが挙げられます。新入社員が何か悩みがあったときなどに相談しやすくなり、疑問に思ったことや実際に働く現場でなにか起こったときにさまざまなことを話しやすくなります。相談されたり話をしやすい環境を作ることで今後の仕事のフォローをすることができるため効果的です。次の効果としては、和やかに行うことで発言しやすい雰囲気を作ることができる点です。新人教育といっても学校の教育とは異なり、聞くだけの研修となっては受け身主体になってしまい、自主性を妨げてしまう場合もあります。そのため周りの新人同士で和やかに研修をすすめることで主体性を育てていくようにしましょう。

厳しく新人教育を行うとどうなる?


厳しくと言ってしまうと軍隊のようなものを想像してしまうかもしれませんが、そのような新人教育を行っている会社はほとんどないでしょう。厳しくおこなうといっても、指示は1度しか行わない、3度以上同じことは注意しないなど社会人としては当たり前の環境を新人教育から導入するといった意味合いが強いです。これをはじめから行う効果としては、学生気分から早めに抜け出すことで仕事をしているのだという認識をいち早く持てるという点でしょう。そして社会人としての自覚をもって新人研修を受けることで、これまでとの違いを実感し基礎を身につける手助けになります。ただし、新入社員を個人攻撃したり、人格を否定したりと厳しさをはき違えた新人教育を行わないように注が必要です。